【口コミレポ】新1年生向けチャレンジタッチ4月号を受講した感想

新小学一年生向けの進研ゼミ小学講座のタブレット型教材チャレンジタッチを4月号から始めたらコロナ自粛の加減も合ってとても良かった。チャレンジイングリッシュも電子書籍が読めるまなびライブラリーも国語算数も勉強できる

現在長男は小学一年生向けのチャレンジタッチ4月号を受講し、そのまま5月号受講中です。

タブレットで勉強!チャレンジタッチ1ねんせいを受講したい息子

2020.03.01

このコロナで学校に行けない状況で、この【進研ゼミ小学講座】のチャレンジタッチ・・・めちゃくちゃ役に立ってます。紙よりも断然に良いと個人的に思います。(子供によりますがうちの子には合ってた)

まだまだ続く休校に家から出れない生活・・・。その中でどんな感じでうちの子がチャレンジタッチを利用しているのかを紹介します。

にゃぐ
チャレンジタッチは想像してたより出来ること多い



進研ゼミタブレット型小学講座 チャレンジタッチ新一年生4月号で届いたもの

チャレンジパッドとめざましコラショと新入生準備ワークが入っていた

チャレンジパッドとめざましコラショと新入生準備ワークが入っていた

チャレンジパッドと光る蓋とペン

ペンと光る蓋、チャレンジパッドカバーが付いている

めざましコラショという時計と電池

めざましコラショという時計と電池

チャレンジパッドは受講料以外の料金が不要

タブレットが無料なのは嬉しい

上記の写真のように以下のものが入っていました。

  • チャレンジパッド(タブレット)
  • タブレットカバー
  • タブレット充電器
  • めざましコラショ(目覚まし時計)とその電池
  • お名前シール(おはじき用の小さなシールもあるよ!!!)
  • 入学準備用の紙のワーク
  • テスト100てんもんだいしゅう(紙のワーク)
にゃぐ
お名前シールマジでありがとう。お前のおかげで算数セットのおはじきの名前付け地獄から生き延びることが出来たよ

チャレンジタッチで出来ること

メインレッスン

チャレンジタッチでひらがなを書くメインレッスン

国語と算数の教科書に沿った内容の学習。国語と算数でそれぞれ14レッスンある。1回5分もかからない感じ。国語だとひらがなの書きの練習や文を読んで答えるタイプの問題。算数は数を数えたりするような内容。

実力アップレッスン

国語と算数の追加問題。演習と発展のそれぞれ7レッスンあり、国語と算数それぞれ14レッスン。

そのため、国語と算数のメインと実力アップレッスン全て合わせると1ヶ月54レッスンすることが出来る。

各種学習アプリゲーム

チャレンジタッチ内で沢山の学習アプリで計算や漢字を学習できる

色々あります。沢山あって見つけられないとか、全部出来ないとかザラにあると思います。ゴチャゴチャ感はある・・・。

  • うごく!いろまぜおえかき(色混ぜするアプリ)
  • あわせてバッチリ!かずパズル(足して7〜10になる数を二つ選ぶタイプのパズル。地味にハマってる)
  • しりとりゲーム
  • 小学生計算まるごとアプリ(小学6年生の算数まで出来る)
  • コラショとえいごでおしゃべりタウン(ショボい)
  • 小学生漢字丸ごとアプリ(小学6年生までの漢字の書きの練習が出来る。漢字検定トレーニングもあり)
  • ふってつくろうことばパズル(対義語など単語を覚えるタイプのアプリ。やってない)
  • おんどくバッチリよむよむスタジオ(音読が嫌いなのかやってくれない)
  • ひらがな・カタカナかきかたせんせい(文字を描く練習)
  • ワクワクサイエンスブック紙芝居(見てない)
  • テレビ(チャレンジのDVDっぽいやつ。見てない)
  • コラショと漢字・計算ばっちりゲーム
  • ぐるぐるまわそう!とけいばっちり1ねんせい
  • コラショとモグラ叩き
  • コラショとプログラミングおんがくかい

長男は「かずパズル」のアプリにハマっていて、最高得点を出すために10以下の足し算のスピードがものすごく早くなってました。他のアプリもハマれば学習面でいい効果が出るようなものでしょうけど、好きじゃない内容のものは全然やりません・・・。大量にあるのでどれをやるべきか親から見ても正直よくわからないです。

個人的には音読練習をして欲しいんだけどやってくれないなあ・・・。

チャレンジイングリッシュ

進研ゼミを受講するとチャレンジイングリッシュ(Challenge English)を無料で受講できる

進研ゼミ小学講座に申し込んでいると特に追加費用なしで利用することが出来る英語学習です。コンテンツ量がすごく多く、8レベル×360レッスンという膨大な量の英語学習コンテンツを利用することが出来ます。

キーフレーズ(聞く・話す)、読む、書く、単語、フォニックス、発音と色々学べる上、AIと話すことも出来るらしい。

まなびライブラリー

チャレンジタッチでは1000冊の小学生向けの電子書籍を読むことができる

児童向けの本が1000冊ほど読める電子図書館。本だけでなく動画もある。長男は「おばけずかん」シリーズと「かいけつゾロリ」シリーズと歴史図鑑的なのを読み漁っています。

現在コロナ騒ぎで図書館にも学校にも行けていないので本を読むのに重宝しています。kindleの無料本で子供むけを探すのは大変なので、まとまった子供向け書籍はとても嬉しい・・・。

赤ペン先生

有名な赤ペン先生。これは紙のままです。提出は封筒か専用アプリで送ります。

チャレンジタッチでオススメできるところ(メリット)

オススメできるところは色々とあります。

学習の進捗管理はできるけど親が丸付け採点をする必要がない

子供が勉強するとメールが届いて進捗がわかるところです。どこで間違ったのかも届くのもありがたい。

そしてタブレットは紙の学習とは違い親の丸付けが必要ないのが嬉しい。特に間違いを指摘する時に親子間で喧嘩になりやすいのでコラショが「あれれ?違うよ〜」とか言うので険悪な空気にならないのがありがたいです。

チャレンジイングリッシュ(Challenge English)が追加料金なしで使えるのがすごい

チャレンジイングリッシュ(Chllenge English)という英語学習がすごいお得感あります。特に追加の料金かからないんですが、これだけで元取れるんじゃないかな?と思うくらいのコンテンツ量。

最初英語はクソショボい「コラショとえいごでおしゃべりタウン」だけかと思って非常にショックを受けていたのですが、ちゃんと英語学習できます。

チャレンジイングリッシュは小学講座なら8レベルに分けられていて、最初にテストを受けてレベルが決めます。そのレベルに合ったレッスンを受けることができるんですが、1レベルごとの学習項目として12ステップあり、各ステップごとに30レッスンあるので1レベルごとに360ものレッスンがあります。一つ5分目安、とありますが1レッスン2分もかからないと思います。

キーフレーズ(聞く・話す)、読む、書く、単語、フォニックス、発音と色々学べる構成です。1レベルごとのレッスンが多いので少しずつレベルアップできるのでyoutube以外で英語に親しみがない状態のうちの子にもちょうどよかったです。

アニメを見てから問題を解くような形式なので内容を理解してなくてもとっつきやすいです。アニメの内容はチャレンジ的なコラショではなくアメコミ風で個人的にはこっちの方がよっぽど好き。

これだけで英検受けれるのかどうかは現時点ではわかりません。始めたばかりなので。続けてやると英語力がアップしそうに見えますが、コツコツやり続ける必要がありそうです。

まなびライブラリーが図書館代わりの大活躍

まなびライブラリーで電子書籍が読めるのがとてもよかった。1000冊ほど読むことができ、定期的に本が更新されます。小学生がよむのにちょうどいい本がたくさんあるので、kindleなどで探しながら深淵に落ちていくようなことがないのが嬉しい。

長男は「おばけずかん」と「かいけつゾロリ」シリーズを大量に読んでいます。ちょうど新型コロナによる自粛で家からほぼ出ない状態なのでとても助かりました図書館閉まってるし、空いててもそこまで行けないし。本を全部買えるほどお金がないのでたくさん読めるのありがたい。うちにはそこまで児童書がないんだ・・・(絵本はあるけど、児童書以降の本があまりない)

ただ我が家の長男は自分で読まずに読んで欲しいタイプなので、80ページ以上の本を毎日数冊読まされてて親の喉が枯れ始めました。(適当に読むと「お母さん間違ってるよ」とか言ってるから多分読めるんだろおめえ・・・)すでに20冊近く読んだと思う。これとチャレンジイングリッシュで元取った感すごいです。

チャレンジタッチで微妙な部分(デメリット)

なぜか赤ペン先生に送るのにタブレット外の別アプリが必要

赤ペン先生は紙でやる学習です。タブレットあるんだからタブレットで完結してほしかった。その上なぜか赤ペン先生への提出方法がチャレンジパッド内では出来ず、親のスマホに別途赤ペン先生送付専用アプリをインストールする必要があります

紙に書くトレーニングのために赤ペン先生が紙なのは良しとしますが、折角チャレンジタッチにはカメラが付いているんだからタブレット内で提出出来るようにして欲しいです。

コラショの文字の練習の指摘が鬼のように細かくて厳しい

ひらがななどの書きはめっちゃ厳しいし細かいです。長男と二人でコラショに何度かキレました。

なんども失敗すると「線をなぞろう!」と言われなぞることになるんですが、線を完璧になぞっているにも関わらず間違いにされるので親子でよくイライラします。一度終了して再度やり直すとうまくいくことがよくあります。謎。コラショの鬼!

チャレンジタッチのタブレットの反応は微妙だし遅い

チャレンジタッチの反応はipadなどを想像しているとイラつくと思います。反応はあまり良くないので電子書籍のページをうまくめくれない事が多々あります。

ですので初めてのタブレットを持つお子様なら問題ないと思いますが、高学年などすでに反応の良いタブレットを持った経験がある場合は微妙な反応待ちの時間にイライラするかもしれません。長男もたまにペンで画面を連打してるし。

メインレッスンは簡単なのですぐに終わってしまう

国語のメインレッスン14、実力アップレッスン演習問題7発展問題7、算数も同様に14、7、7の28レッスンの合計56レッスンあります。小学1年生の4月ということで非常に簡単なのですぐに終わってしまいました。

なんども学習すればいいのかもしれませんが、同じ問題を解きたがらないのでちょっと勿体無い感あります。

チャレンジタッチはメインレッスン以外も頑張れるならかなりお得感あり

結論として個人的にはとてもオススメできます。

ゲーム要素強くて画面がゴチャゴチャしてるとかタブレットの反応やスピードが微妙というところはありますが、出来ることがめちゃくちゃ沢山ありお得感がすごいです。

特にメインレッスン以外の部分がいいです。本が沢山読めるまなびライブラリーやチャレンジタッチ受講していれば無料で使えるチャレンジイングリッシュはお得すぎてビビるレベルなので、英語もちゃんと学習させたいけどわざわざ何かを習うのは…とか、本を沢山読ませたいな〜という状態なら特にオススメできます。

本当に頼んでよかったです。色々なコンテンツを楽しめるタイプならめっちゃお得だと思います。ただメインレッスンしかやらないなら勿体無い感あるので、メインレッスンだけでなく実力アップレッスンとまなぶライブラリーとチャレンジイングリッシュはぜひやってくだされ。

にゃぐ
長男がこのまま続けて楽しむかは分かりませんが、やり込み要素半端ないのでぜひ!



【他の幼児向けの教育関連の記事】

すごろくにハマる長男の話はこちら

おうち遊びの鉄板!?すごろく遊びが凄くオススメ

2018.09.17

Z会幼児コースを半年受講したレポはこちら

年中男児がZ会幼児コースを半年受講した感想!少し面倒だけど面白い

2018.10.05

こどもちゃれんじの思考特化コースを受講したレポはこちら

年中5歳児がこどもちゃれんじ思考力特化コースを受講してみた

2018.12.09

こどもちゃれんじ年長コース4月号を受講したレポはこちら

こどもちゃれんじ年長コース4月号を1ヶ月受講したレポ

2020.03.03

チャレンジタッチ1年生を受講したい長男の話はこちら

タブレットで勉強!チャレンジタッチ1ねんせいを受講したい息子

2020.03.01

ひらがななぞりんをやる長男の話はこちら

ひらがななぞりん欲しさにこどもちゃれんじすてっぷ4月号を申し込んで届いたのでレポする

幼児通信教育5社のお試し教材を比較した話はこちら

年少長男の「こどもちゃれんじがやりたい!」の一言から幼児通信教育5社のお試し資料請求して比較してみた

 



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です